今の時代は、スマートフォン

内閣府が発表した調査によると2014年3月末のスマートフォンの世帯普及率が54・7%、タブレット端末が20・9%となったそうです。またスマホの普及率では2012年末で49・5%とした総務省の調査があるそうです。このような調査結果からもスマホの普及率は5割を超えたとうかがえます。
最近では周りを見るとほとんどの人がスマホを持っていますよね。通勤電車の中でもガラケーを持っている人はほとんど見かけなくなりました。私もスマホを使い始めてから早いもので3年になります。やっぱり最初は使い慣れないせいもあり、ガラケーのが良かったのですが、スマホに慣れてしまうと画面も大きいですし、何より機能を自分ごのみにカスタムできるところが本当に魅力的で、もはやスマホ依存症になってしまっています。家事をしている時には音楽プレイヤーとして使用し、子供がぐずっていたら子供用のアプリで機嫌をとったり。どんな場面でも活躍してくれるのでとても助かります。

2299

ガラケーからの乗り換え

少し前までは、ガラケーが主流だったのに対し、今はスマートフォンが主流の時代。私も2年前までは、電話・メールがしやすいということで、ガラケーとスマートフォンの二台持ちをしてました。ガラケーと違い、QRコードを読み取るためにも、QRコード読み取りアプリをインストールしないといけないですし、赤外線通信もない。そして、タッチパネルによって誤作動も多く、多機能であることから、若者向きの携帯と言えていると思います。でもそんな中、使いこなせない方もたくさんいると思います。最近のニュースで携帯会社の数社はガラケーを推していくと報道しており、ガラケーを残していくことは、大事だなと思いました。ただ、私たちのような若者はやっぱり、スマートフォンがもう手放せません。便利機能のアプリを使ったり、楽しいゲームアプリで暇つぶしもできます。通勤途中の電車の中でもスマホを触っている人がほとんどですし、私自身もスマホがないとなんだか手持ち無沙汰で間が持ちません。最近はスマホ断ちなんて言葉もあり、文明の利器であるスマホを経つ事でつながりっぱなしの日常から気分を一新するのだそうです。

Copyright ©All rights reserved.今の時代は、スマートフォン.